無料ブログはココログ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年10月のお料理

10月のお料理   

 道を歩いているとキンモクセイの香りが優しく 秋の訪れを感じさせてくれますね。気づけば、10月も後半。今月は秋の養生と題して中医国際薬膳師のお嬢様とのコラボで、若宮先生の身体に優しいメニューも更にパワーアップいたしました。

032

                   0421      

                   ・今月のお料理 

         020          

                    ・今月のお花

1 5       

      ・たまごの肉団子            ・豆乳とたまごのスープ 

4 3            

    ・小松菜ときのこの炒め物         ・りぼんにんじんのごま和え

2    

   ・さつま芋のハニーみかん煮 

<若宮先生からのお料理ワンポイントアドバイス

■たまごの肉団子               

たまご料理の基本 ゆでたまごを使った 面白い肉団子。薬膳では乾燥を抑える食材が必要な時期。乾燥予防アイテムに豚肉をつかっています。

■豆乳とたまごのスープ

豆乳のコクとたまごの旨味を十分に味わえる まろやかなスープ。体も心も温まります。

■小松菜ンときのこの炒め物

小松菜・きくらげが秋の養生のアイテム。刺激をさけ 辛味の調味料、薬味野菜はこの時期は控えます。

■りぼんにんじんのごま和え

松の実、ごまも乾燥を防ぐ食材です。更ににんじんのβーカロテンが喉などの粘膜を強くしてます。風邪の季節を迎える前に備える一品です。

■さつま芋のハニーみかん煮

旬のさつま芋はビタミンCが意外に豊富。そのまま蒸したり、焼いたりも美味しいのですが乾燥予防アイテムみかん、はちみつと煮ることで 美味しさと機能性がアップ!

<お教室に参加して・・・>

今月は、中医国際薬膳師のお嬢様の「秋の養生」のセミナーあり、たまごの栄養セミナーあり、超盛りだくさんのお教室でした。お料理前に2つのセミナーで、頭の中は飽和状態でした。「秋の養生」セミナーでは、これから気をつけること、怠るとシワができたり、薄毛になったり、体調を崩したり大変そうです。そこで、今回は予防対策と養生を兼ね備えたメニューを若宮先生から教えていただきましたので安心です。(生徒s)

たまごの栄養セミナーの様子

 035_2

2010年 9月のお料理

9月のお料理   

 暑さ寒さも彼岸まで・・・とは、良く言われるものの、急に訪れた晩秋の様な気候に、戸惑っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。今月は、残暑の疲れをとるメニューに加え、鉄分・ビタミンが豊富なスモークレバーを使ったお料理等など、若宮先生らしい体に優しいメニューをご紹介頂きました。

Dsc03346    

                   ・今月のお料理 

         4         

                    ・今月のお花

1 5      

   ・きのこと野菜のカレー&            ・スモークレバーと納豆のサモサ

     カラフル豆のターメリックライス 

2_2 055           

  ・レタスとベビーリーフのサラダ          ・マンゴーのラッシー

 

<若宮先生からのお料理ワンポイントアドバイス

■きのこと野菜のカレー&カラフル豆のターメリックライス               

水を使わず 野菜ときのこの水分で作るカレーです。市販ルーがなくても2~3種の香辛料があれば 美味しいカレーが作れます。豚肉のビタミンB1と玉ねぎ、にんにくのアリシンで残暑の疲れをとりましょう。

ターメリック(うこん)とミックスビーンズでカラフルなイエローライスができます。

■スモークレバーと納豆のサモサ

サモサの皮をワンタンの皮で代用すれば気軽に作れます。女性に必須のレバーは鉄分、ビタミンが豊富ですが 調理が苦手と言う方にはお勧めのスモークレバー。ほんの少しプラスすれば 栄養素はグン~とアップします。

■マンゴーのラッシー

二層に分かれ見た目も楽しいラッシーです。ラッシーは冷たく冷やすと美味しいのでマンゴー・ココナッツミルクの缶をあらかじめ冷蔵庫で冷やしておくと 作ってすぐに冷たく飲むことが出来ます。

<お教室に参加して・・・>

きのこと野菜のカレー&ターメリックライスは、本当に簡単なのに、レストランのお味で 驚きです。スモークレバーと納豆のサモサは、意外な組み合わせですが、癖になりそうです。スモークレバーのファンになりました^^(生徒s)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年12月 »